学会刊行物

過去の刊行物

学会誌最新号  Flowers of Hydrangea macrophylla

Most parts of Japan experience a rainy season in early summer, usually from the beginning of June to mid July. Japanese hydrangea (Hydrangea macrophylla) blooms in June and the ower is one of the symbols of the rainy season in Japan. There is a dramatic change in humidity, from wet to dry condition, between the rainy season and mid summer in Japan. Most plants have the ability to adapt to such changes. Molecular mechanisms underlying the tolerance to the dry condition after the rainy season have not been fully understood.>> more 学会誌最新号
plant day
植物科学への誘い
植物細胞分子生物学会
30周年記念
植物バイオテクノロジー
プロトコル集
企業広告バナー領域

大会のお知らせ

2014年8月21-22日、盛岡大会

第32回日本植物細胞分子生物学会(盛岡)大会・シンポジウムはお陰様で盛会のうちに終了いたしました。 ご参加いただいた皆様、ご支援をいただいた皆様に心より厚く御礼申し上げます。

第32回日本植物細胞分子生物学会(盛岡)大会ベストポスター賞の発表
市民講座「生活を豊かにする花の未来像-岩手県民と一緒に考えよう!」開催報告

学会からのお知らせ

過去のお知らせ一覧