学会刊行物

過去の刊行物

学会誌最新号 A transcriptomic analysis among max2, hxk1 and wild type seedlings in response to glucose

Strigolactones (SL) are plant hormone that play vital roles in plant architecture. Sugars have been known as important signal molecules to regulate plant growth and development. In this study (pp. 87–97), we found that SL mutants show hyposensitivity to sugar-induced early seedling development arrest. >> more 学会誌最新号
plant day
植物科学への誘い
植物細胞分子生物学会
30周年記念
植物バイオテクノロジー
プロトコル集
タカラバイオ株式会社
バイテク情報普及会
バナー広告募集中

大会のお知らせ

大会名:第35回日本植物細胞分子生物学会(さいたま)大会
会場:大宮ソニックシティ
日程:2017年8月29,30,31日
大会実行委員長:高木優(埼玉大学)

学会からのお知らせ

過去のお知らせ一覧